ヘルニアの初期症状 - ヘルニアの症状と回復まで

ヘルニアの初期症状

ヘルニアの初期症状

advbnnn.jpg

足の麻痺がサインかも?

私がヘルニアになった時の初期症状としては、

体の感覚が鈍いというか、動きも遅くなりました。


自覚症状としては、腰が痛い、

足がだるくしびれる感じがしました。


もちろん走ったりもできないですし、

同じ姿勢を続けるのも大変でした。


椅子に座っていて立ちあがのも困難で大変でした。

トイレに行くのも苦労してました...汗

ヘルニアのチェック

足の痺れ(シビレ)

普段、足やお尻の痺れを感じたら、まずは、

腰の上げ下げした時に、痺れがあるかを確認してください。


もしも❝痺れが酷くてできない❞場合は、ヘルニアと思ったほうがいいです。


チャックとしては、仰向けになって足をそろえた状態で、

どちらかの足をゆっくり、90度くらいまで足を上げてみてください。


痺れが酷くて上げられない人は、ヘルニアかもしれません。


ヘルニアの治療

ヘルニアが酷くなると激痛になって大変な思いをするので、

そうなる前に、病院に行き診察を受けてください。


「私も、すぐ治るだろうと、そのままにしてました」

病院へ行って、椎間板ヘルニアと疑われた場合、

始めは整形外科にて、診察を受けました。

まずはレントゲンを撮ったりしましたが、

椎間板はレントゲンに映らないので、

レントゲンだけで椎間板ヘルニアという、

判断をするのは少ないみたいです。


MRI

圧迫されて見にくい神経も、確認できわかるので、

椎間板ヘルニアの疑いがある時は、二度手間にならないように、

MRI施設のある病院に行くようにしてください。


最終手段で手術

前までは、一度神経を圧迫し始めた椎間板は、

元に戻らない言われてたみたいですが、

近年では、MRIでの定期観察をして、安静にしてたら、

椎間板が正常になる場合や、神経が椎間板による圧迫を避けたりして、

症状が改善される場合もあるみたいです。

また、症状が痛みや軽いしびれの時は、しばらく安静してたら治まることもあるようです。

よほど症状が酷くならないと、手術は無いみたいですよ。

痛みがある時は鎮痛剤を使います。


それでも治まらない時は、神経ブロック療法により、

痛みを和らげるみたいですよ。


症状の悪化を防ぐためにコルセットで、固定したり、

急性の椎間板ヘルニアは、牽引(けんいん)して症状を抑えたりします。


基本的には、温めてあげることで筋肉の緊張がほぐれるので、

腰部分の温熱療法なども効果的みたいですよ。


早期治療が大切

ヘルニアの症状

腰の痛みが一般的ですが、他にも初期症状・

自覚症状の確認ができます。


・腰から足先のしびれや痛み

・感覚障害、足のつま先の冷感

・坐骨神経痛

・筋力の低下

・排尿障害は重度の時


腰の痛みや下半身がしびれの感覚があったら、大変ですので、

我慢しないで早めに治療を受けましょう(^^♪

スポンサーサイト

タグキーワード
  • No Tag
コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © ヘルニアの症状と回復まで All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます